ためしてガッテンの咳とたんの止め方を放送してましたね。

いやぁ〜何ともリアルタイムというか、ちょっと人混みの中に行かなきゃいけない用事がありまして、簡単に言ってしまうととあるイベントに参加して来たのですが、見事に風邪を貰ってしまい3日ほど寝込んでしまっていました。しかも風邪の初期症状の時に無理して雪の山に行ってしまって完全にトドメを刺してしまったという愚か者ですw

最初に熱がバァ〜っと出て、寝まくって汗をかきまくって治った〜!と思ってたら今度は咳とたんが止まらない・・・という状態でためしてガッテンの咳とたんの特集だったのでかなり期待して見始めたら・・・特に風邪の咳とたんっていう話ではなかったんですね〜心不全でも咳が出るとは思いませんでした。副鼻くう炎についてはなるほど〜という感じですよね。風邪引いた後に咳が長引いいてしまう時に鼻水が鼻から出てくるわけじゃなくて鼻の後ろに流れて気道に入ってしまうのが原因になって咳が止まらない場合もあるみたい・・・

そして、たんもいろいろな病気のサインっていう事で気管支の炎症だとか、肺炎球菌性肺炎だとか肺がんや肺結核の疑いがある場合もあるとか・・・でも肺がんの場合って特徴的で白い赤い点が混じったたんになるそうです。風邪引いた時にでるたんとは全く違いますからそういったたんが出るようになったら病院に行った方が良いいですよね。

たんって気持ち悪いですが、出す時に大きい塊がドバっと出ると気持ち良いのって私だけでしょうか・・・? ちょっとはしたない話なのでリアルの友達に言った事はないのですが、大きいのが出るとスッキリすると同時に何やら達成感とかあってやたら気持ち良いんですよね・・・(;^ω^) パフィングという大きく空気を吸い込んで一気に吐き出すっていう方法も紹介されてましたけど、パッ!って言いながら息を出すってなかなか面白い方法だと思いました。これはやってみようと思いましたね。

はちみつもためしてガッテンで紹介されてましたけど、これはよく知られる方法で今回の風邪でも私は実践しておりましたw

とりあえず今回のためしてガッテンの咳とたんの止め方で参考になりそうだったのはパフィングだったんですけど、ちょっと試しにやって見た感じでは、もはやたんの出る量がごく少量過ぎてそこまで実感はちょっと湧きませんでした・・・

やっぱり風邪を引いたら暖かい布団に入ってひたすら汗を書きながら寝るのが回復に早い気がしました。普通に仕事をしていたらそんな事も言ってられなくて風邪薬を飲みながらがんばらないといけない人の方が多いのもわかっていまうけども(笑)