ためしてガッテンのシミを消す方法が2016年1月20日放送されてましたね〜 タイトルは「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」という事なんですが、今回はかなり視聴率が高かったんじゃないかな〜って思います。だってシミってほとんどの女性の悩みですもんね。

そんな女性の悩みがためしてガッテンでシミを消す方法として紹介されるっていうのを知った人は普段はためしてガッテンを見ない人でも今回ばかりは見たっていう人も中にはいるんじゃないかと思います。

今回のためしてガッテンではシミの色によって対策が違うとの事なんですが、赤いシミについてはネットで美容ブログをよく見てチェックしてる人ならよく知ってる事かなぁ〜とか思いました。ただこれががんのタネが隠れてる場合があるなんていうのは知りませんでしたね。

そしてこちらの方の悩みが深いと思いますが、茶色いシミですよね。日焼けなどで出来た茶色のシミって本当に何とかしたいですよね。

赤いシミですが、ためしてガッテンで紹介されていた新しい情報として、赤いシミのように見える日光角化症という皮膚疾患ですね。これはシミじゃなくて皮膚疾患という事なのですが、イミキモドクリームという特効薬があるんです。ただイミキモドクリームは医師の診断と処方箋が必要という事なので、赤いシミで悩んでる人はまずは病院に行ってみた方がいいですね。というのはこれががんのタネと言われているからなんです。転移するガンに変わる可能性があるみたいです。イミキモドクリームは医師の処方箋が必要なので薬という言い方も出来るかもしれません。

茶色のシミですが、肌の摩擦で起こる炎症でメラニンが作られてるっていう事なんですが、摩擦を減らせばシミの色は薄くなっていったり消えたりするそうなんですが、これには数ヶ月間もかかるという事です。つまり日頃のスキンケア習慣とかがとても大切っていう事なんですよね。やはり気をつけたいのは洗顔と化粧になります。

紫外線による日焼けなどに気をつけてる人はよくいると思いますが、洗顔や化粧によってシミが出来てしまうというのを意識してる人ってそんなにいないかもしれませんね。対策方法としてはやわらかい素材の化粧道具と洗顔方法になります。

洗顔方法は泡洗顔が紹介されていました。ホイップクリームのようにしっかりと泡立ててるわけですがキメの細かい泡の方が洗浄効果が高まるそうです。しっかりと泡立てて顔を撫でるように洗顔をすれば摩擦が減ってシミの原因となるメラニンが生成されにくいという事ですね。

これに繋がる話になるんですが厚化粧をしてると洗い落とすのにゴシゴシやってしまって摩擦によるシミが出来やすくなるわけですよね。新陳代謝が良い若い頃にはまだいいかもしれませんが、30代、40代となっていった時に厚化粧をして更にメイクを落とすのに強い洗顔料を使ってゴシゴシとやってしまったとしたら・・・しかも、それを毎日・・・想像するだけでちょっと恐ろしいです。

ためしてガッテンのシミを消す方法を見て、やはり美肌になるには日頃のスキンケア習慣がとっても大切なんだなとあらためて思いました。